公益社団法人 大阪府剣道連盟


Q&A

Q&A

各質問をクリックすると回答が表示されます。
道場単位での証書の発送ができないか。
「道場で先生から合格した子供たちに証書を渡したい」等のご趣旨はよくわかりますが、合格証書送付の間違いを防ぐため、受審者の登録住所への郵送とさせていただきます。
合格証書が届きましたら道場に持参していただき、改めて先生から渡していただく等のご対応をお願いします。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
会費はどのようにして納入するのですか?
原則として、いずれか一つの登録団体を通じて納入していただくことになります。
複数の登録団体に所属されても結構ですが、連盟会費を支払われる団体を決めていただかなくてはなりません。
高体連加盟の高校生は高校を通じて、大阪学生剣道連盟加盟大学の学生は大学を通じて納入してください。
そうでない高校生、大学生は所属している道場を通じて納入してください。
大剣協所属の方は大剣協を通じて納入してください。
会費を払い忘れたり、転勤などで大阪を離れる期間はどうすればよいのですか?
会費が2年間未納の場合には自動的に退会となります。
再度入会される場合には入会金をいただくことになります。
転勤などで大阪を離れられる場合、大阪に戻られたときに団体を通じて会費免除申請書を提出していただければ、未納期間の会費は免除になります。
個人会員にならないと不都合が生じますか?個人会員になるメリットはありますか?
連盟の事業に参加される場合には会員と非会員で異なる扱いが生じます。
例えば、
  1. 昇段審査受審にあたり、受審料、登録料について、非会員には会員より高い額を設定しています。
  2. 連盟主催の各種大会への参加料、講習会の受講料も1.と同様です。
  3. 審査員、審判員は正会員から選出されます。
  4. 会員には登録証を発行します。
などがあります。

大阪で剣道活動されている方については、会員登録をお薦めしています。
非会員として活動されていて、後で会員になられる場合は、非会員であった時の会費(未納年度によっては再入会金も必要)もお支払いいただきます。