連盟会員による活躍のあと ― 全日本選抜剣道八段優勝大会

※赤字は当連盟会員

  第一位 第二位 第三位 第三位

第一回(平15)

西川清紀(東京)

加治屋速人(埼玉)

古川和男(北海道)

梯 正治(東京)

第二回(平16)

山田博徳(熊本)

宮澤保行(宮城)

千葉 仁(東京)

岡田一義(三重)

第三回(平17)

山中茂樹(埼玉)

白石正範(栃木)

遠藤正明(東京)

宮澤保行(宮城)

第四回(平18)

二子石貴資(兵庫)

豊村東盛(東京)

俣木正喜(鹿児島)

末野栄二(鹿児島)

第五回(平19)

船津晋治(大阪)

藤原崇郎(広島)

梯 正治(東京)

濱崎 滿(東京)

第六回(平20)

遠藤正明(東京)

氏家道男(東京)

濱崎 滿(東京)

江口忠文(大分)

第七回(平21)

濱崎 満(東京)

古川和男(北海道)

大城戸 功(愛媛)

重松 隆(滋賀)

第八回(平22)

船津晋治(大阪)

佐藤桂生(兵庫)

亀井 徹(熊本)

東 良美(愛知)

第九回(平23)

東 良美(愛知)

亀井 徹(熊本)

船津晋治(大阪)

豊村東盛(東京)

第十回(平24)

谷 勝彦(群馬)

東 一良(愛知)

西川清紀(東京)

笠村浩二(神奈川)

第十一回(平25)

石田利也(東京)

谷 勝彦(群馬)

稲富政博(佐賀)

松田勇人(奈良)

第十二回(平26)

稲富政博(佐賀)

東 良美(愛知)

清水 新二(熊本)

大澤 規男(埼玉)

第十三回(平27)

古川和男 (北海道)

石田利也(東京)

山中洋介 (鳥取) 宮崎正裕 (神奈川)